インスペクション(住宅状況調査)

インスペクションとは、建物の劣化や不具合などを調査・診断することをです。そしていわゆるホームインスペクターとは、住宅の状況調査(インスペクション)を行う専門家のことをいいます。一般的には、一次インスペクションをさします。
海外では、インスペクターという専門家は工事中の現場監理とは別に第三者の目で、図面通りの正しい施工がされているかをチェックする人を指したりしますが、日本で最近増えているインスペクションは、既存住宅(中古住宅)の売買のときに行われるインスペクションです。新築で家を建てるよりも、中古住宅を購入してリフォームしたいというご相談が増えています。理由は、更地または既存の住宅を解体して新築するよりも中古住宅として購入し、リフォームで新築のようにするほうがリーズナブルになりやすいからです。
その時に注意したいのが、購入する中古住宅に劣化や不具合がないかどうかの見極めです。この見極めによって高品質な中古住宅を安心して購入することができます。だから私は、中古住宅を購入する前には、ホームインスペクションをオススメしています。その住宅の劣化診断を専門の建築士の目で確認してもらうという作業です。
丸喜齋藤組では、建築士の資格を持つ経験豊富なホームインスペクターによって、ホームインスペクションの質の向上に取り組んでいます。
中古一戸建て住宅の購入前に建物の劣化具合や新築時の施工ミスなどをチェックし、診断結果を中古住宅の購入判断などに役立てて頂くことができます。

※平成30年4月より、国土交通省の告示による既存住宅状況調査技術者制度が施行されます。不動産業者が、中古住宅の売買時(不動産媒介契約時)には、依頼者に対してインスペクションを行なう既存住宅状況調査を行える技術者を斡旋できるかどうかの説明義務があります。

既存住宅状況調査技術者証

既存住宅状況調査技術者証

登録されている既存住宅状況調査技術者はこちらで確認できます。

既存住宅状況調査技術者
(東京建築士会ホームページより)