耐震と制震の違いについて教えてください

耐震について

家や建築にとって耐震性能はとても重要です。耐震性能は、建物構造と密接な関係にあります。耐震性能は、建築基準法上の強度(壁の強さやバランス)をクリアしていれば、最低限の構造の強さがあります。

それは、どのくらいの強さかと言えば、まれに起きる地震(震度5強程度でほとんど損傷しない程度であること。また、もっと稀に起きる震度6強以上の地震で倒壊や崩壊しない強さであることとされています。

ところが、建築基準法を満たしていれば、全体に倒壊しないということではないのです。2016年に起きた熊本地震のときも新耐震基準の建物が多く倒壊してしまいました。(原因は、震度7の地震が二回来たことや劣化の状況によります)一方で、耐震等級3の建物は、ほとんど倒壊することはありませんでした。ちなみに、耐震等級2は基準法強度の1.25倍、耐震等級3は、基準法強度の1.5倍の強度があります。これらは、の強さやの強さやそれに耐えられる接合部の強度を必要とします。これらの強度で計れる強さを耐震性能といいます。

制震について

では制震とは何でしょうか?制震は、耐震性能とは全く別ものと考えてください。制震は、簡単に言えば地震の揺れを小さくするシステムです。木造の建物は、いくら耐震性能を高めたとしても絶対に揺れないとは限りません。その揺れに耐えられるというだけで揺れるのです。建物が揺れると、棚の上のものが落ちてきたり、固定されていない家具が倒れたり、揺れるだけで気分が悪くなったりすることもあります。

そこで、制振装置(制震ダンパー)を設置することによって、地震時の揺れを小さくして安全で安心な住まいにしようというのが制震です。

熊本地震のとき。一回目の震度7の地震のときには、倒壊しなかった家でも二回目の地震で倒壊してしまった家も多くありました。それは、一回目の地震のときに一度損傷してしまった部分が構造上の弱点となり、二回目の地震に耐えられなかったからです。

一方、制振装置は、揺れを小さくするので、繰り返しの揺れに対しても高い効果を発揮します。

免震について

以上の他に免震というのがあります。これは、地盤と建物の間に地震の揺れを伝えにくくする装置のことで、費用が高いので木造住宅においてはあまり現実的ではないでしょう。

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です