シロアリが出てくる季節になりました

シロアリは、白いと思っていませんか?

今年も羽アリが出てきたとのご相談がありました。

4月下旬から5月の上旬に黒い羽アリが大量に出てきたら、それはシロアリです。

アリに非常によく似ていますが、アリの仲間ではありません。

実は、ゴキブリと同じ種別なのです。ひえ~。

「うちのは黒いから、シロアリじゃないよ。」と思ったら大間違いです。

シロアリは、普段は地中などの見えないところにいて、春の雨上がりなどに飽和状態になると羽アリとして大量に姿を現します。

そして、新しい住処を求めて、飛んでいって広がっていきます。

その様子は、何度見ても気持ち悪いので、載せるのはやめておきますね。

新築のときに防蟻処理しているから大丈夫!?

木造住宅の新築のときに構造材がシロアリの被害に合わないように防蟻処理を行います。その保証期間は、通常は5年間が標準的です。では、それ以降はどうしたら良いかということになりますが、床下点検口などから床下にもぐれるようになっていれば、その後の防蟻処理も可能です。その処理は、新築時よりも困難であるため新築時よりも費用はかかります。しかし、もしそれを怠ってシロアリの被害にあった場合には、それを改修するための費用は更に高くなります。

うちは、コンクリートの建物だから大丈夫!?

実は、コンクリートの建物でもシロアリは出てきます。建物の周りの地面やコンクリートの土間のひび割れの隙間などから出てきます。しかし、コンクリートの構造は、木造の被害に比べれば影響は少ないですが、木部に移ることもありますので、駆除は必要と思ってください。

もし、シロアリの被害が見つかったら?

費用は、かかりますが早めにシロアリ駆除業者に相談しましょう。この時期は、シロアリ(ヤマトシロアリ)が羽アリとなって顕在化しますので、シロアリ駆除業者も忙しいと思いますが、早めに連絡して駆除してもらうようにしましょう。

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です